pochiplus

WEB MEMO & LIFE BLOG

WEB

ゆくゆくは本番サーバへ移行する際のための投稿記事でのリンク先記述方法

投稿日:2014.10.7 更新日:


WEBサイト作成時にありがちな途中でURLが変わる時

過去記事をこつこつとアップしたけど、全部現サーバのリンクになってる

現テストサーバのリンクになってるのを、結局またあとで一つひとつ変更しなきゃいけないのかしら。
と、
既存のサイトから新サイトを作る時に素人の私は不安だった。

フィルターフックを使う

フィルターフックとは

参考にしたサイト
WordPressカスタマイズの幅が劇的に広がる、フィルターフックとアクションフックの使い方

ふむふむ、思ったほど難しくない。
フックに指定したものを実行した時に、自分が用意した関数を実行させる。

contentを読み込んだ時に、サイトのURLを変えたい!

そんな時は、

functions.phpに以下コードを記載

add_filter( 'the_content', 'replacehost');

function replacehost($content) {
    return str_replace('%SITEURL%', site_url(), $content);
}

で、現在記事中に「http://◯◯◯」ってでてる所には

%SITEURL%

に置き換える。

すると、the_content()を読み込む時に自動で
%SITEURL% → http://◯◯◯
に変換。

あとでホスト名が変わった時も、WPのsite_url()関数の出力によって
置き換えられるのでいちいち記事を修正しなくてもよくなります。

なるほど!

-WEB
-,

Copyright© pochiplus , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.