pochiplus

WEB MEMO & LIFE BLOG

BLOG

支配する男性と手を差し伸べる男性

投稿日:


大学生時代の話

私が大学生時代の話なのでかれこれ10年以上前。

当時、付き合っていた男性と半同棲を(お互いの家を行き来してる感じ)していたとき、
何が原因か本当に思い出せないのですが、
暴力を振るわれる恐怖を感じる事が数回ありました。

そのうちの1回、
私は(裸足だったかな)外に逃げ出すと、
彼は追いかけてきてまさかのお姫様だっこして家に連れて帰ろうとする。

私は、捕まえられた途端怖くて動けなかった(気がする)

道の角を曲がった時に、
走ってきた男性と鉢合わせます。

恐らく、私が捕まる瞬間に声を出して、それを聞いて駆けつけてくれたのだと思います。

私と私の彼に向かって
「だいじょうぶですか?」

と聞く。

私の彼が
「あーだいじょうぶだいじょうぶ。ちょっとしたケンカで」(みたいな感じだったと思う)
と言って、

駆けつけた男性は、
「そうですか(いやぁちがうだろ)」
と言う感じでその場は終わりました。

あの男性は、大学生位だったのかな。
何か起きてる現場に走って一人で駆けつけるってすごいな、と10年以上たった今でも思いだします。

ゴキブリ遭遇で悲鳴をあげたときの話

これも大学時代の話です。

一人暮らしをしていて、その時は一人の夜でした。
その時に、カサカサと現れたのが、

そう、

GKBR

ゴキブリです。

私はセミ、カマキリ等虫全般は触れるのですが、
ゴキブリだけは怖い。

家の外ならいいけど、家の中で出るんですもの。

で、

「ぎゃーーーーーーーーーー」

と悲鳴をあげた時、

これまた、窓越しから(1階に住んでいて、窓をあけていました)

「大丈夫ですか?」

と声をかけてくれる男性。

 

ぶっちゃけ、家にあがってゴキブリ退治してもらいたいけど、
初めて会った人を家にあげるのはさすがにNGだよなぁ…(彼氏怒るよなぁ…)

「だいじょうぶです(半泣き)」と答えました。

その男性は、悲鳴の原因はゴキブリとわかったのかしら?
と今書いて疑問がわきました。

今の旦那さんの話

今は結婚して子供もおりますが、
うちの旦那さん

とても頼りになりません。

私の後ろについて歩いてくるような人です。

2つ年下というのもあるかもしれないのですが、
あの時、
「だいじょうぶですか?」
と助けに来てくれる男性だったらと思ってしまいます。

と、書いたものの、
いざという時に助けてくれないような人か、
と、いったら、そうでもない。

極力、怖いところには近づかないけれど、
いざという時はダイブする(!?)タイプかと思っています。

むしろ、大学時代のたまに手がでる彼氏の方が、いざという時に引っ込んでいた気がするくらい。

とはいえ、私自身も強くなりました。
守ってもらいたいわけじゃないんですよね。

守ったり守られたり、どちらもなんですよ。

ドラマの『Nのために』にがどストライクです。
主演の窪田正孝くんを「成瀬くーん」と呼んでいたら、
子供が映画館で東京喰種( トーキョーグール)の窪田くんのポスターを見て
「ママ!なるせくんだよ!」と教えてくれました笑

まとめ

暴力的な彼氏がいる人は、早めに別れましょう。
遅かれ早かれ別れるので、早めがお得です。

私は、別れてから3回ほど、初夢に元カレがでてきてうなされました。
本人が思っている以上に、怖い記憶が残っているのかも。

かといって、私自身に非がないのかというと、うーんです。(私に非があったとしても暴力は絶対ダメ)

余談

大学生時代、真夜中に、外から「きゃーーー―!!!!!!✕20」と悲鳴が聞こえて、飛び起きました。
ただ事じゃないと、彼氏と外を見に行ったら、

大学生くらいの女の子と男の子が向かい合ってる、
男の人の下はなぜかトランクス一枚。

トランクス1枚で女の子をなだめてる。

それを、心配して見に来た周りの住民20名位がただ見ている。

しばらくして「で、だいじょうぶなの?」と、駆けつけたうちの一人が突っ込んで聞いて、

男の人が「はい、だいじょうぶです。すみませんでした」と。

若いって激しいな!

-BLOG

Copyright© pochiplus , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.