【基礎】PHP:foreach文


WordPressばかりやっているので、
なかなかPHPの基礎を勉強する時がない。
今日こそ。

参考にした本

最近はこればかり使っているなぁ。引用しています。

foreach文は配列の要素の数だけ繰り返せ!

while文との違いは?

while文:ある条件に当てはまっている間は、指定した処理を繰り返す
例)記事がある間繰り返して!

foreach文:配列の要素の数だけ繰り返す

基本構造

foreach($a as $b){
  配列$aの要素の数だけ繰り返す処理
}

「配列$aの1つ1つの要素を、変数$bとして扱う」
とのこと。
$がでてきただけでわけわからなかったなー。

例をだすと、
$vegetables という配列がございます。
その一つ一つの要素を$vegetable として扱うとなる。

少しわかった。

配列$vegetables には tomato、basil、eggplantの値が入ってる。

foreach($vegetables as $vegetable){
  echo $vegetable;
}

とすると、
1回目の$vegetableの値は「tomato」
2回目の$vegetableの値は「basil」
3回目の$vegetableの値は「eggplant」
が表示されて、
4回目には要素がなくなるので、繰り返しが終了される。

確かに便利だな。

これも、{}(ブレース)を使わずに書くことができる。

foreach($a as $b):
ここに繰り返す処理
endforeach;

なるほどねぇ。
この2通り書くパターンがあることに混乱したけど、
HTMLを書く時に、これがとても便利ってのはわかるようになりました。

WordPressではいつ使う?

カテゴリーの名前やURLを取得する

利用する関数
get_cat_name:IDからカテゴリーの名前を取得する
get_category_link:カテゴリーのURLを取得する

<?php
foreach($ancestors as $ancestor):
?>
	<li><a href="<?php echo get_category_link($ancestor); ?>">
		<?php echo get_cat_name($ancestor); ?></a></li>
	<li>$gt;</li>
<?php
endforeach;
?>

パンくずリストを表示させる一部分に利用。
全体を書くと、これまたわけわからないのがでてきたので、
ひとまず
foreachは配列を一つ一つ繰り返し!だけ覚えて今回は終了!

コメントを残す